中医学では体を支える大切な3要素を「気」「血」「水」といいます。
      体質は「証」で診断し「気」「血」「水」の状態により虚証と実証に分けます。
                     6 つ の 体 質 タ イ プ チ ェ ッ ク !
 体質は症状から判定できます。体質は1つのタイプとは限りません。多くの方は複数のタイプを合わせ持って
いるので、自分の体質を知るのはなかなかむずかしいと思いますが、この体質チェックシートを使うと、日頃の
体質の全体像が見えてくる仕組みになっております。ぜひ一度チェックしてみてください。
               ( このページを印刷してお持ちいただければ、詳しくご説明いたします!)
  次の6項目の体質チェック表の□にチェック(クリック)を入れると、各項目ごとに点数が表示されますので、
 このページを印刷してその点数を次項のレーダーチャートの各目盛に点で書き込み、それぞれの点を線で
 つなぐと、体質診断レーダーチャートが完成します。
           **個々のチェック項目は、一つでも心当たりがあればチェックを入れてください。**
 (例) (□ 眠れない、よく夢を見る)の項目で、眠れないと思う方は、たとえ夢を見なくてもチェックを入れます。
「気」の充実度チェック(気虚体質)
むくみやすい
頻尿、夜間尿がある
冷え性
声が細く、大きい声が出ない
胃がもたれやすい。食が細い
軟便、下痢をしやすい
疲れやすい。だるくなりやすい
かぜをひきやすい
よく息切れがする
舌は色が淡く、大きくむくむ。
縁に歯の跡が見えることもある
「気」の流れ度チェック(気滞体質)
眠れない。よく夢を見る
口の中が苦い味がする
よくため息をつく
片頭痛がよく起こる
下痢と便秘を交互に繰り返す
のどにものが詰まったような不快感がする
不安や憂うつがある。イライラする、怒りっぽい
胃やおなかが張り、ゲップやガスが多い
生理の周期が不順。 生理前に下腹部や乳房が張る(女性のみ)
両脇のあたりがつっぱる感じがする(男性のみ)
舌は両端が赤く、苔がある
「血」の充実度チェック(血虚体質)
動悸がする
よく物忘れをする
抜け毛が多い、白髪が多い
かすみ目、疲れ目がある
皮膚がカサカサしてつやがない
爪が白っぽく、薄くて割れやすい
顔色が白く、つやがない
めまいや、立ちくらみがする
手足がしびれる。こむら返りを起こしやすい
舌は、色が淡く、小さい
「血」の流れ度チェック(オ血体質)
シミ、そばかすが多い
便が黒っぽい
顔や唇の色が暗い
よく肩こりや頭痛になる
慢性的な関節痛がある
おできや腫瘍など、体にしこりができやすい
動悸がする。不整脈がある
生理痛がひどい。生理にレバーのような血塊が混じる
(女性のみ)
皮膚の毛細血管が浮き出ている(男性のみ)
下肢の静脈瘤が目立つ
舌は紫色に近い。黒いシミのような斑点があるか
舌下静脈が太い
「水」の充実度チェック(陰虚体質)
夕方以降になると微熱が出やすい
顔色が赤い
からせきが続く
目が乾きやすい
耳鳴りがする
口やのどが渇き、冷たいものを欲しがる
便がコロコロしている。便が出にくい
寝汗をよくかく
のぼせ、ほてりがある
舌は赤い。表面に裂け目があり、苔がほとんどない
「水」の流れ度チェック(痰湿体質)
肌が脂性、または吹き出ものができやすい
頭が重い
よくめまいと吐き気がする
痰が多い
軟便、下痢をしやすい
むくみやすい
太っている。水太り
血中コレステロール値、中性脂肪値が高い。 体脂肪率が高い
体が重だるい
舌は、表面に厚くてベトベトした苔が多い
〜 各チェックの合計点をグラフに当てはめて、今の体質をチェックします 〜
■実証 「気」「血」「水」の巡りが滞った状態
気滞タイプ
 「気」のめぐりが滞って自律神経の
 バランスが乱れたタイプ
オ血タイプ
 「血」のめぐりが悪く体のすみずみに栄養が
 運ばれず、新陳代謝が低下したタイプ
痰湿タイプ
 「水」のめぐりが滞って余分な水分や
 脂肪分が体内にたまり易いタイプ
■虚証 「気」「血」「水」が不足している状態
気虚タイプ
 「気」=(基礎代謝を行うエネルギー)が
 不足して元気がない疲れやすいタイプ
血虚タイプ
 「血」=(血液)が薄い又は血液の量が
 不足しているタイプ
陰虚タイプ
 「水」=(津液、体液)が不足して潤いが
 なくなり乾燥しやすいタイプ
※上記各タイプ名をクリックするとタイプ別詳細ページにリンクします。
● こんな場合はどうするか?
Q、 突出している体質が2つ以上あったら?
A、 ほとんどの人が複数タイプを持っています。この場合は、一番突出した体質を中心に他のタイプも併せ持つと判断します。該当するすべてのタイプへの対策を取り入れ、体質改善を目指しましょう。

Q、 いつも体質は同じなのか?
A、 同じではありません。季節や生活状況によって変化します。定期的に体質チェックを行ってください。
● 点数で体質の度合いがわかります。
チェックリストの点数が多いほど、そのタイプの体質傾向を強く持っています。
各項目の合計点数 アドバイス
5〜9点 その体質の素因はありますが、注意していれば大丈夫。
食生活や漢方などを取り入れてみましょう。
10〜19点 ほうっておくと、その体質の症状が進みます。
食事や生活の改善、漢方などを始めてみましょう。
20〜29点 ズバリ該当する項の体質。食事や生活を見直すとともに、
中医学のチェックを受けることもお薦め。
30点以上 体の不調がでているはず。食事や生活の改善のほか、
中医学と西洋医学の診断と治療を受けましょう。
体質チェックリストは「東洋医学で食養生」の著者、楊 敏 先生(中医師)作成の
   チェック表を引用させていただきました。

開気堂薬局 神奈川県横浜市金沢区谷津町363-1
TEL:045-790-5691 FAX:045-315-1408
Copyright(C)2005 KAIKIDO All Rights Reserved.