今年もまた、じめじめと湿度の高い日が続く季節がやってまいりました。
 梅雨時や蒸し暑い日は「食欲がわかない」ことが多く、生ものや冷たい飲み物を多く取りがち。
いくら飲んでもノドが渇き、体の重だるさ、むくみ、食べていないのに体重が増える、軟便・下痢、おりもの
など、不調を感じる人も多いのでは?

 中医学では、湿度が高くなると「湿邪(しつじゃ)」が体に悪影響を及ぼし、特に「脾(ひ)」の運化(腸の吸収力)を妨げると考えます。そのため普段通りに飲食をしていても、胃腸の吸収力が低下し、余分な水分が
お腹に溜ります。
 また、湿度が高いと皮膚から汗が蒸発せず、発汗もうまくできません。すると体の中に内湿(ないしつ)
溜り、重だるさやむくみの症状が出やすくなるのです。
内湿が溜まった方は舌の縁にギザギザと歯型が付き、舌苔が白くべっとりしています。
胃腸が弱っている証拠ですから、生ものや冷たい飲み物は禁物です。
 また、胃腸の吸収力が低下するということは、せっかくバランスよく食べても栄養が吸収できていないと
いうこと。体を作るエネルギーである気・血・津液の生成が不足し、疲れやすく免疫力も低下します。

 こうした症状には、体の中の湿邪を取り除いて、脾の働きを改善することが重要です。
「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」はその名の通り、体の中の除湿機のように働く処方で、中国では梅雨時になると誰もが愛用する有名な漢方薬です。