「メタボリックシンドローム」
最近、新聞や雑誌などで目にするようになりました。これは内臓脂肪の過剰な蓄積と
脂質異常・高血圧、高血糖などが複合した(内臓脂肪症候群)という新しい疾患概念のこと。
内臓脂肪は皮下脂肪と異なり、放っておくと脳卒中や心筋梗塞・糖尿病などの生活習慣病による
動脈硬化の引き金になると言われます。
 その予備軍は成人で30%以上。厚労省は「深刻な事態」と受け止め、対策を進めています。
しかし、メタボリックシンドロームの人は肥満症・高血圧・高脂血症・糖尿病を重複発症していることが
多く、心当たりのある方は体質改善や予防が容易ではないことは、既にご承知の通りですよね。

 発病する前に体が発する様々な症状に着目して、早い段階から病気の芽を摘み取る
「未病先防(ミビョウセンボウ)」
の考え方は中医学の最も得意とするところ。
運動不足・食事の不摂生などによって蓄積した内臓脂肪「痰濁(タンダク)」の増加により
血液がドロドロになって、「オ血」となり、高血圧・高血糖(糖毒)・高脂血(脂毒)などを併発し、
血管に悪影響を与えて重篤な病気につながると考えます。

 対策としては、内臓脂肪を減らして血管力をつけるために、
「痰濁(タンダク)」
には「星火温胆湯(セイカウンタントウ)」
「オ血(オケツ)」には「冠元顆粒(カンゲンカリュウ)」などを基本に、
その人に合った方法「弁証論治(ベンショウロンチ)」を考えていきます。
また、消化や代謝を助ける「晶三仙(ショウサンセン)」「三爽茶(サンソウチャ)」などの
ハーブティーもおすすめです。