近年、日本の四季は春と秋の過ごし易い時期が無くなり、夏と冬に二極化して来た様に思いま
せんか? 秋から冬にかけては肌だけでなく、内臓も乾きやすい季節、気になるのは「乾燥」ですが、お肌の乾燥の原因は、単純に空気の乾燥だけではなさそうです。

 今年の秋はいつまでも残暑が続いた分、「脾(ひ)」(胃腸の吸収力)の機能が回復せず、津液(しんえき)不足によって、「陰虚(いんきょ)」(潤い不足)になってしまった人も多いと推測します。
「皮膚は内臓の鏡」とも言われ、美しい肌を保つためには、外側のケアに加え、内側からも〝潤い(津液)〞を補う必要があります。

 中医学でいう「肺(はい)」の機能に、呼吸の調整という働きがありますが、呼吸は鼻や口からだけでなく皮膚でも行っていることから、皮膚も肺の一部とみています。
 また、肺は潤いを好む臓器とされ、「燥邪(そうじゃ)」(乾燥)の影響を最も受けやすく、
「肺陰虚(はいいんきょ)」
になると、空咳やのどの痛み、ほてり、皮膚の乾燥などの症状が現れます。
 去年までは何ともなかったのに、この時期、急にかゆみや化粧ノリの悪さ、肌の乾燥を感じてはいませんか? こうした肌の状態は体内の〝貯水力〞を上げることで変えることができます。
 おすすめの食材としては、百合根、レンコン、白ゴマ、白キクラゲなど。グミ科の植物から搾り取った「沙棘油(サージゆ)」も人気です。
漢方薬では肺を潤す「八仙丸(はっせんがん)」や夏バテ予防に活躍した「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」もおすすめです。