寒さが一段と厳しくなり、巷ではインフルエンザやノロウイルスが流行の兆しを見せています。手洗いうがいも大切ですが、中医学では「衛気(えき)」を高めることも重要と考えています。
「衛気」とは、体表を保護し外邪(がいじゃ)の侵入を防御する「気(き)」で、人体が本来持っている免疫力の中でも、特に皮膚や粘膜といった体表部分に働くエネルギーのこと。
免疫力を調整し皮膚や粘膜をバリアのように丈夫にすることで、ウイルスなどから体を守ってくれます。
 秋から冬はこの防御壁となる皮膚、鼻、気管支、など「肺(はい)」に関係の深い機能が弱まるので、インフルエンザなどが流行しやすくなるのです。
 さらに急増している花粉症やアトピー性皮膚炎、喘息などの様々なアレルギー性疾患の発症は、実は「衛気」の不足が起因していると考えられます。
「風邪をひきやすい」「呼吸器系の感染症を繰り返す」「疲れやすい」「皮膚が弱い」「気候の変化で体調を崩しやすい」などの症状は、皮膚や粘膜が弱っているサインなので注意が必要です。
 普段から「衛気不足」にならないように、免疫力を上げることが病気を防ぐ最善の策と言えるでしょう。
 漢方薬では、体の細胞を元気づける「補気薬(ほきやく)」を用います。
中でも体表や粘膜周辺の元気を補う「黄耆(おうぎ)」を主役にした処方「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」がおすすめです。 今からでも「衛気」を強化して風邪、インフルエンザ予防、花粉症対策を!