慌ただしい年の瀬は、何かと無理をしがちで、免疫力が低下する傾向にあります。
加えてノロやインフルエンザなど、強い感染力を持つウイルスが蔓延するため、体調を崩す方も
多いのではないでしょうか。
 当店では中医学の「扶正袪邪(ふせいきょじゃ)」の考え方で「ウイルスに負けないカラダづく
り」を推奨しています。

 中医学では病気が起こる原因を二つの方向から考えます。
 一つは体内の「正気(せいき)」不足。正気とは体が病気に対抗する〝免疫力〟のような存在で
「衛気(えき)」「血(けつ)」によって維持されています。不足すると、臓器の働きが弱くな
り、防御力が低下して病気にかかりやすくなります。
 もう一つは病気をもたらす「邪気(じゃき)」の影響です。邪気は体に悪い影響をあたえるものの総称。気候や環境など外から入り込む外邪(がいじゃ)[風(ふう)・寒(かん)・暑(しょ)・湿(しつ)・燥(そう)・火(か)の六淫(ろくいん)など]と体内に発生する内邪(ないじゃ)[痰湿(たんしつ)や瘀血(おけつ)など]があります。
花粉などのアレルゲンやウイルスは外邪にあたります。

 病気を予防・改善するためには、日ごろから正気をしっかり養い(扶正)、邪気に侵されてしまったら早めに取り除くこと(袪邪)が大切。
 ただし、正気を養っても邪気はそのまま、邪気を取り除いても正気は足りない――そんな偏った対処では体質改善にはつながりません。
 自分の体にあったバランスのよい「扶正袪邪」をご指導します。
花粉症も今からの扶正が有効です。