毎日の最高気温が軒並み30度を超えるこの時期、「バテているというほどではないが、重ダルさが続く」という〝夏ダル状態〟の方が急増しています。
「夏はダルいもの」とあきらめている方も多いようですが、炎天下で走り回っていた子ども時代を思い出してください。中医学を上手に使うことで、元気に夏を乗り切りましょう。

 夏ダルの原因は、ズバリ「気(き)」と「陰(いん)」(元気エネルギーと潤い)の不足。
暑い夏は大量の汗をかき、その汗と一緒に体内に蓄えたが消耗されます[=気虚(ききょ)]。
 同時に湿度は高いのに、カラダが必要としている潤い[津液(しんえき)]も不足しがちに[=陰虚(いんきょ)]。
 中医学ではこの状態を「気陰両虚(きいんりょうきょ)」といいます。
はお肌にハリと潤いをもたらしてくれるもの。美しさと健康を保つなら、を補うことをお勧めいたします。
 また、夏は高温多湿で湿気に弱い「脾(ひ)」(胃腸の吸収力)がダメージをうけやすい季節。
過剰に冷たいものを飲み食いすると、冷えを嫌う胃腸はさらに弱る悪循環に陥ってしまいます。
こうなると、食欲不振、腹部膨満感、軟便・下痢などの症状が現れ、夏ダルは加速して重ダルに発展します。

気陰両虚を改善する代表的な漢方は「飲む点滴」とも言われる>「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」湿邪(しつじゃ)から胃腸を守る「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」も取り入れて、夏ダル・重ダルを予防して夏も楽しく過ごしましょう。