不快な音や、聞こえの悪さが気になる「耳鳴・難聴」の症状は、病院に行っても原因が分からない事が多く、治りにくい、と悩む方が増えているようです。
 中医学では、耳鳴りといっても、タイプはさまざま。まずは、自分のタイプを知ることが大切です。
 「ジー」という蝉の音のような比較的低い音は、加齢により腎(じん)の働きが弱くなった高齢者に多い耳鳴り。中医学では「腎は耳に通じる」といい、加齢とともに衰退する腎精(じんせい)<腎に蓄えられる生命エネルギー>は、耳の聞こえと密接な関係があります。
このタイプはの働きを助ける「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」「耳鳴丸(じめいがん)」などの補腎薬(ほじんやく)がお勧めです。
 一方、突発性難聴に多い、「キーン」という金属音の耳鳴りは、過剰なストレスが原因。イライラで肝(かん)の機能が低下し、気(き)の流れが停滞、耳の通りも悪くなります。
高血圧による耳鳴りもこのタイプです。漢方ではの流れを改善する「逍遥丸(しょうようがん)」湿熱(しつねつ)をとる「瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)」などを用います。

 疲れからくる耳鳴りは、閉塞感やめまいを伴います。胃腸の働きが低下し、栄養を十分に吸収ができないため、耳の栄養も不足気味に。「健脾散顆粒(けんぴさんかりゅう)」などの健脾薬(けんぴやく)で、まずは胃腸の働きを改善します。
 内耳の毛細血管の流れを改善する活血薬(かっけつやく)もとても有効です。

 睡眠をたっぷりとり、心も体もリラックスすること、胃腸にやさしい食生活などセルフケアも忘れずに。