梅雨時に増える相談と言えば、「腰や膝などの関節の痛み!」。ではなぜ、梅雨時は痛みが悪化するのでしょうか?
 痛みの原因はズバリ、「経絡(けいらく)」の滞りです。経絡とは、「気(き)」(体の活動エネルギー)・「血(けつ)」(血液)・「水(すい)」(体液)の通り道。

 中医学は「通じざればすなわち痛む」と言う考え方で、末端の細い流れ「絡脈(らくみゃく)」が滞るとしびれやこわばりが、太い流れ「経脈(けいみゃく)」が滞ると痛みが現れると考えます。
 滞りの要因となるのが、「風邪(ふうじゃ)」<風に当たる>・「寒邪(かんじゃ)」<冷え>・「湿邪(しつじゃ)」<湿気>といった外的要因の「外邪(がいじゃ)」です。天候が不順で、外邪に体が順応できなくなると経絡が滞り、気血水が巡らなくなり痛むのです。

 また、外邪や生活習慣などで体内にたまる痛みの原因物質により、痛みの性質も異なります。
「気滞(きたい)」は文字通りが巡らず、張ったように痛み、イライラすると痛みが悪化。
「瘀血(おけつ)」の不足や滞りで血液が巡っていないタイプ。痛みは固定的で針で刺した様に痛み、夜間や安静時に悪化します。
「痰湿(たんしつ)」は体外に排出されるべき水分が滞っているタイプ。重だるく痛み、関節がむくんで腫れ、水がたまることも。

 漢方では、風・寒・湿邪を追い出し、自然治癒力を高める「独歩顆粒(どっぽかりゅう)」をベースに、タイプに合わせた対処法があります。