今年7月末時点で横浜市の熱中症による救急搬送は、昨年の倍以上で死亡者も出ています。
気温室温が体温より上がると発症しやすくなります。程度により症状は様々。
 体温は正常で汗も出ている重症度Ⅰ度の熱失神や熱痙攣の段階なら、水分補給などの一般的な対応で回復も容易でしょう。
 体温が上がり、まだ汗は出ている段階がⅡ度の熱疲労。
 更に脱水が進んでⅢ度の熱射病の段階になると、もはや汗は出なくなり体温は40℃を超え、高度の意識障害が生じ、死の危険に…。
 熱中症で死に至るメカニズムは、脱水による臓器血流低下・体温上昇と、それに伴う多臓器不全です。

 一般的に夏は、心・脳血管疾患が減少すると言われていますが、猛暑時は例外で、気温が32℃を超えると心筋・脳梗塞が急増するという研究結果もあります。
特に高齢者は体の水分保持量が少なく、容易に脱水状態になり、血液の粘度が増し、血栓も出来やすいのです。

 中医学で熱中症や夏の血栓を予防するには、「気陰両虚(きいんりょうきょ)」<元気と潤いの不足>の改善と「活血化瘀(かっけつかお)」

「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」
は、潤いを生む生津作用だけでなく、心肺機能を維持する「気(き)」を補う働きもあります。
活血化瘀薬「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」の組み合わせは、熱中症のみならず、夏の血栓予防にも最適ですね。