横浜市では風疹の患者数が昨年の10倍超に。インフルエンザなどの流行も懸念されます。西洋医学で予防といえば、予防接種ですが…。
 今年は爽やかな秋晴れの日が少なく湿度が高く蒸し暑い日が続いたせいか、何んとなーく不調を感じている方が多いようです。

 原因を中医学的に考えると納得できます。
中医学には「扶正(ふせい)」という考えがあります。
これは病気に対抗する免疫力の様な「正気(せいき)」を高めること。
日頃の食事から作られる「気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)」正気の源となります。

 今年の夏は災害級の猛暑でした。
本来の秋の気候になれば、暑さや湿気で弱った「脾(ひ)」(胃腸)が機能を回復して「食欲の秋」を迎え、寒い冬に向けて正気を十分に蓄える時期なのですが、今年は例外のようです。

正気が充実していれば、ウイルスや病原菌などの侵入を防いでくれます。同じ教室に居て、インフルエンザに感染する子としない子の違いは、正気の充実度の差と考えます。

 この時期、正気を高めるには「健脾散顆粒(けんぴさんかりゅう)」などの補気健脾薬(ほきけんぴやく)で腸管免疫を高める事が有効です。

 しかし、正気を充実させても、無茶な生活をすれば容易に「邪気(じゃき)」に侵される事もあるので、日々の養生も大切です。
腸を元気にして免疫力を高めて感染を予防してみては?