自粛生活が続く中、皆さん「非常事態宣言が解除されたら、〇〇しよう」と心待ちにされていることと思います。しかし、宣言が解除されても新型コロナウイルスが消滅した訳ではありません。
 各人に予防の意識が求められますが、中医学の扶正袪邪(ふせいきょじゃ)の考え方で、引き続き感染予防と肺炎予防に役立てて下さい。

扶正の説明は何度もしているので割愛しますが、ウイルス感染症などの疫病を引き起こす邪気(じゃき)袪邪するには、「傷寒病(しょうかんびょう)」「温病(うんびょう)」に分けて考えます。
 前者は主に寒邪(かんじゃ)が関係し、ゾクゾクと悪寒がする感冒やウイルス性疾患を総称したものです。日本で有名な葛根湯(かっこんとう)は、辛温解表(しんおんげひょう)[温めて発散]作用の傷寒病の処方です。
 後者は熱毒性の強い感冒やウイルス性疾患を総称したもので、高熱が出る、のどが腫れて痛むといった風熱型の症状が特徴です。温病の初期は「銀翹散(ぎんぎょうさん)」などの辛涼解表(しんりょうげひょう)[冷やして発散]作用のある処方が有効で、漢方薬局で購入出来ます。

清熱解毒が必要なウイルス感染症は、温病に属すると考えられるので、早めにウイルスを減弱化できれば、重症化のリスクは軽減出来るはず。
常に一包携帯し、熱っぽさ、頭痛、のど痛などの初期症状を自覚したら、すぐに服用しましょう。