宣言解除後も、大阪や東京では感染者が拡大し続けていて、増える変異株についても「潜伏期間が短い」「若年層でも重症化する」「症状の進行が早い」などの報告もあり、不安な日々が続きます。

期待されるワクチンですが、感染拡大を抑える人数が接種されるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。当分の間、これまでと同様に個人個人の「かからない、うつさない」予防対策が必要です。

中医学では、新型コロナウイルスの特徴を「湿毒疫(しつどくえき)」と捉え、熱毒性の強い症状を引き起こすと考えます。発熱・頭痛・喉のイガイガ感といった「風熱型(ふうねつがた)」の症状を少しでも感じたら、早めに「銀翹散(ぎんぎょうさん)」などの辛涼解表剤(しんりょうげひょうざい)で清熱解毒して、重症化を防ぎましょう。
辛涼解表剤は、熱毒性の強い風邪やインフルエンザに用いられます。

一方、温めて発散させる麻黄湯や葛根湯などは「風寒型(ふうかんがた)」に使います。

また湿度が高まるこれからの季節は、味覚異常の症状も出やすくなると思われます。舌苔が厚く味覚がおかしい、頭や体が重だるい、食欲低下、軟便などの症状は湿邪(しつじゃ)にも関係します。
湿邪を取り除く「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」は免疫を作る腸にも作用します。

個々の体質・症状に合わせた対策をアドバイス致します。