連日、新規感染者数が過去最多を更新し、自宅療養者が累積していく現状の中、自宅やホテルなどの療養施設では、経過観察が主となっているようです。
対策が間に合わず、もはや「自分の身は自分で守れ!」と突き放された感じがします。

個人に出来るのは、これまで以上に、感染予防対策を続ける。加えて中医学の「扶正袪邪(ふせいきょじゃ)の考え方を取り入れ、先ずは扶正
[正気(せいき)=気・血・水を補う] して免疫力を高めましょう。
正気を補う漢方処方は沢山あります。

新型コロナウイルスのような強力な邪気(じゃき)を袪邪するには「温病(うんびょう)の理論を応用すべきです。
「激しい頭痛」「高熱が出る」「のどが腫れて痛む」といった風熱型の症状が特徴のウイルス感染症には、清熱解毒(せいねつげどく)が必要です。

「銀翹散(ぎんぎょうさん)などの辛涼解表(冷やして発散)作用のある処方で、早めにウイルスを減弱化できれば、重症化のリスクは軽減できると考えます。

熱性の咳が出てきたら「麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)など、症状に応じてその他の処方と組み合わせて使うと効果的です。

「銀翹散」などの辛涼解表剤は漢方薬局で購入出来ます。
熱っぽい、頭痛、のど痛などの初期症状を自覚したら、すぐに服用出来るよう、「お守り」代わりに一包携帯していると安心ですね。