新型コロナウイルス感染症の陽性者がまたまた増加傾向にあります。
不安を抱えている方も多いかと思いますが、手洗い・うがい、マスクの着用など
基本的な対策と同じくらい推奨したいのが中医学の「扶正袪邪(ふせいきょじゃ)」
という考え方です。

扶正とは、「正気(せいき)=<気(き)血(けつ)津液(しんえき)>」を養うこと。
正気が充実して身体を巡っていると免疫力も高まり健やかに過ごすことができま
す。

の中でも「衛気(えき)」は体表を覆うバリアで、ウイルスや病原菌などの「邪
気(じゃき)」
を体内に侵入させない働きがあります。

「玉屛風散(ぎょくへいふうさん)」などの漢方薬で衛気を養うことは、新型コロ
ナなどのウイルスだけでなく、風邪の予防、これからの季節につらくなる花粉症
対策にも役立ちます。
体表の粘膜バリアを強化して、邪気(ウイルスや花粉)の侵入を防ぎましょう。

扶正をしてても、寝不足や過労で正気が弱まったり、気候の急変などで邪気
強まり、正気邪気に負けて侵入されてしまうと発病します。

のど痛など邪気に侵されそうな気配がしたら、なるべく早く身体から邪気の排除
を「=袪邪(きょじゃ)」。
ウイルスなどの温熱性の強い邪気には、「板藍根(ばんらんこん)」「銀翹散
(ぎんぎょうさん)」
などの抗ウイルス・抗菌作用のある清熱解毒剤を早めに用い
袪邪しましょう。