今年は「五月晴れ」の日が少なく、すでに梅雨入りしている様な、天候も不順で
湿度の高い日が続いています。

体にとって過剰な湿気<湿邪(しつじゃ)>は、むくみや重だるさ、頭重、軟便、
食欲低下など様々な不調を引き起こします。

また、神経痛などの痛みも増強させる傾向があります。特に湿邪の影響を受ける
脾(ひ)=(胃腸)が弱い方は注意が必要です。

腸は免疫を作る臓器としても広く知られ、免疫細胞の7割が集まっていると言わ
れています。湿度が上がり胃腸の働きが弱ると、代謝や免疫力も落ちて疲れやす
く、様々な病気にかかりやすくなります。

新型コロナ感染症もまだまだ油断できない状況なので、日頃から免疫力を高め、
自分の身体は自分で守る意識を持つといいと思います。 

では具体的にどうすればいいのでしょう。胃腸に負担をかけないためには、暴飲
暴食、特に生ものや冷たいものはなるべく控えましょう。

健康に良かれと、吸収できないほど水分を摂るのもおすすめできません。

それでも調子が戻らない時は、漢方薬の出番。
胃腸の弱い方は、日頃から健脾薬(けんぴやく)の働きを補い、さらに湿度が
高い日は湿邪から胃腸を守る勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)などで快食快便をめ
ざして、夏バテ・免疫力低下を防ぎましょう。