朝、起きることができない子供は「怠け」「サボり」と思われがちですが、
それは「起立性調節障害」かもしれません。

子どもに多い起立性調節障害は、自律神経系の異常で循環器系の調節が乱れる
病気と言われています。
起立時に立ちくらみ・めまい・頭痛、気分が悪い、倦怠感、さらに腹痛、食欲不
振、朝起きられない、夜寝つけないなど症状は様々です。

これらの不定愁訴を中医学的に診ると、先ずは「気虚(ききょ)」が原因であると
考えることが出来ます。気虚とは簡単にいうと活動エネルギーの不足。

もともと元気のない人や、疲れ過ぎてを消耗すると気虚になりますが、日頃か
ら胃腸が弱く、湿度やストレス、お腹を冷やす食習慣などで「脾(ひ)運化作用
<食べた物から(き)・(けつ)・津液(しんえき)を作る力>」が弱まり、栄養を
十分に吸収できずに気虚になって行く場合もあります。

が足りないと食欲もおきず、も不足して流れなくなるという悪循環に陥って
しまいます。

西洋医学には気虚という概念はなく、改善法も確立していません。

「起立性調節障害?」と思ったら、まずは胃腸の調子を整えの充実を図りま
しょう。

漢方では、脾の運化を助ける補気健脾薬(ほきけんぴやく)は欠かせません。

気虚の原因も様々ですから、先ずはご相談下さい。