新型コロナウイルス感染症が、またまた急拡大しています。
一方で、現在の変異株は感染力は強いようですが無症状の方も多く、
重症化するリスクは少ないように感じます。

中医学的に考えてみると、夏に感染症が流行する一因に「湿邪(しつじゃ)」
が挙げられます。日本の夏は蒸し暑く湿度が高いことで知られていますが、
梅雨明け後も湿度は異常に高く、湿邪を嫌う「脾(ひ)」(胃腸)が機能低下
を引き起こして、免疫を作る腸の働きが弱まり、ワクチン接種をしていて
も免疫力が低下して、感染し易くなったと考えられます。

私はこの季節は「短時間で命を落とす危険がある」という点で、新型コロ
ナよりも熱中症への注意を呼びかけています。

熱中症で死に至るメカニズムは、高温多湿による体温上昇と発汗過多、
脱水による臓器血流低下、それに伴う多臓器不全。
元々潤いの少ない高齢者は容易に脱水状態になり、血液の粘度が増し血栓
の心配もあります。

いくら水分を摂っても腸で吸収されなければ潤い<津液(しんえき)>は増え
ません。

津液を補う「生脈散(しょうみゃくさん)」や血流を改善する活血化瘀薬
(かっけつかおやく)を熱中症の予防に役立てましょう。

また、「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」などで湿邪から脾を守ることは、
水分の吸収を助けることや感染リスクを下げることに繋がります。