板藍茶(ばんらんちゃ)

板藍茶(ばんらんちゃ)

60包入り 4,968円(税込)
120包入り 7,128円(税込)

Feature特徴

板藍根とはアブラナ科の植物ホソバタイセイの根のこと。中国の家庭には板藍根のお茶がいつも置かれており、人々にはたいへん身近な存在になっています。日本に来る中国の方たちも、たいていお守りのように板藍根のお茶を持って来ます。中国ではまさに家庭の守り神のように様々な生活のシーンで愛飲されています。1日1~2袋を目安に、そのまま、又はお湯などに溶かして飲むだけ。皆さんのご家庭でも“常備健康茶”にしてみてはいかがでしょうか。

Specスペック

  • お召し上がり方

    食品として1日1~2袋を、そのまま又はお湯に溶かしてお召し上がりください。

    • 成人15歳以上 1回1包、1日2回
    • 8歳以上15歳未満 1回1/2包、1日2回

    (15歳未満の方は服用しないで下さい)

  • 原材料名

    板藍茶(ホソバタイセイの根)、乳糖

関連商品

  • 板藍のどあめ(ばんらんのどあめ)

    板藍のどあめ(ばんらんのどあめ)

    板藍根とはアブラナ科の植物ホソバタイセイの根のこと。中国ではまさに家庭の守り神のように様々な生活のシーンで愛飲されています。「板藍のど飴」はこの板藍根のエキスを配合した健康飴。いつでも手軽にお試しください。

  • 香菊花(しゃんきくか)

    香菊花(しゃんきくか)

    目、シャンと!自然のちからは心まで潤してくれます。日本でも秋の花としてなじみの深い菊ですが、中国では健康茶として菊花を乾燥させた「菊花茶」を飲む習慣があり、「香菊花」はお茶用の菊として有名な杭白菊を原料に、菊花のエキスに菊花の微粉末を加えた粉末タイプ。菊の爽やかな香りが楽しめます。一杯分ずつ分包されていますので、お湯に溶かすだけでいつでも気軽に楽しむことができます。『菊の花が咲き乱れる川の下流には、目のパッチリした美人が多い』中国には昔から、そんな言い伝えがあります。清代の西太后も、新鮮な菊花の花びらを煮詰め、蜂蜜を混ぜた「菊花延齢膏」を愛用し、自分の若さと美貌を保っていたなどの記述があります。「延齢」の名のとおり、不老長寿の妙薬とも考えられていました。暑い夏場に、上海のレストランなどでは、乾燥した菊の花びらを浮かべた「菊花茶」が出され、夏の風物詩となっています。