婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

300ml 5,340円+税
600ml 9,710円+税

Feature特徴

女性は、女性特有の体質、機能から、どうしても貧血、冷え性、生理痛、生理不順、肩こり、のぼせ、めまい、更年期障害などの諸症状がおこりがちです。婦宝当帰膠の主成分である当帰は、中国においては、むかしから「女性の宝」といわれ、血の巡りをよくし、体を温め、体力をつけるなど、もっぱら女性の薬として使われてきました。
婦宝当帰膠は、成分の約70%をしめる当帰を主薬とした9種の生薬で構成された生薬製剤です。これらは、女性の諸症状の改善に効果があります。

セリ科のトウキ

Specスペック

  • 効能・効果

    更年期障害による下記疾患:
    頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性

  • 用法・用量

    成人15歳以上1日4ml、1日2日(15歳未満の方は服用しないで下さい)

  • 成分・分量

    トウキ 69.0g
    センキュウ 2.0g
    オウギ 4.5g
    カンゾウ 2.0g
    ヂオウ 4.5g
    党参 4.5g
    ブクリョウ 4.5g
    阿膠 4.5g
    シャクヤク 4.5g

関連商品

  • 浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)

    浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)

    痔の出血と痛みに!浸膏槐角丸は槐角を主薬とし、6種類の植物生薬で構成された痔の内服薬です。内痔核、外痔核、裂肛、痔出血などの止血の働きや、痔の痛みをやわらげ、炎症や腫れを取り除く働きがあります。痔の原因と症状痔は特に日本人に多く、主なものに痔核(いぼ痔)、切れ痔、痔ろうがあり、これで全体の9割くらいになります。その中で、男女ともに多くみられる痔核は血液循環が悪くなるのが主な原因です。肛門の周りの静脈がうっ血し、いぼのように腫れるもので、内痔核、外痔核、脱肛があります。この中でも多いのが内痔核です。内痔核は出血はあるが痛みが少なく、外痔核は出血がなく痛みが強いのが特徴です。痔を治すために中医学(中国の漢方医学)では、痔の根本原因は全身的な血行不良であると考えます。これを助長するのが精神的ストレスや、アルコール、タバコ、過労、睡眠不足などからくる肝臓の疲れとうっ血、それに冷えと運動不足とされます。

  • 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    ジメジメ、だめだめ、カラッと爽快胃腸機能失調、水分代謝失調および、蒸し暑さや湿気による諸症状に飲食や暑さや湿気による全身倦怠・胃腸機能失調または食欲不振・下痢などの、胃腸症状を伴う風邪に効果的です。13種類の生薬からなるエキス顆粒剤です。■『湿濁』という言葉をご存知ですか?身体には適度な潤いが必要です。しかし、これがうまく代謝されず停滞すると汚く濁った湿気『湿濁』となり、体調を崩す原因となります。梅雨時や夏の蒸し暑い季節は、外気の湿度が非常に高く、汗がサッパリと出ないため、余分な水分や湿気が体内に停滞して湿濁となります。体内に湿濁があると、身体がむくんで重だるい・食欲不振・下痢など夏カゼと同じような症状が現れます。勝湿顆粒で湿に打ち勝つ!体内に湿濁がたまると、胃腸の働きが悪くなり、栄養分が吸収できず、全身の新陳代謝が低下してしまいます。このような状態の時には、栄養剤を飲んでも吸収がうまくできずに症状は改善しません。まずは体内から湿濁を追い出し新陳代謝を活発にすることが重要です。勝湿顆粒で湿に打ち勝ち、身体をスッキリさせましょう。湿濁の原因はこれだけではありません。冷たいもの(なま物・ジュース・ビールなど)のとり過ぎや、慣れない旅先で慣れないものを食べたり、慣れない水を飲んだりして胃腸の働きが弱くなっても、水分代謝が悪くなり、湿濁ができます。中国ではこのような湿濁による症状に対応するために、救急箱の中や旅行のカバンにいつも勝湿顆粒を常備しています。

  • 温胆湯エキス顆粒(うんたんとうえきすかりゅう)

    温胆湯エキス顆粒(うんたんとうえきすかりゅう)

    胃腸の働きが弱く、水分代謝が悪い方のストレス症状にどうぞ。温胆湯は鎮静・安眠作用のある黄連、半夏、酸棗仁、水湿や気の停滞を改善する竹茹、陳皮、茯苓など9種の生薬が配合され、体内の巡りをよくして、湿邪が原因となる胃腸症状から精神症状の改善まで幅広く使用される処方です。胆を温める(強める)ことによって、胆力をつけ、中国では古来より不眠症やめまい、不安神経症、胃腸障害などに用いられています。星火温胆湯エキス顆粒はこんな症状の方におすすめします。不眠症・・・・・寝つきが悪い、いやな夢をよくみる、昼間眠い方神経症・・・・・いらいらしやすい。憂鬱感。胸悶感。不安感。恐怖感がある方

  • 衛益顆粒S(えいえきかりゅう)

    衛益顆粒S(えいえきかりゅう)

    なんとかしたい、バリア崩壊、免疫ぐらぐら普段から汗をかきやすい、疲れる、風邪を引きやすいなど虚弱体質に関係した症状がみられる人を、漢方では、体を防衛する「衛気」が不足している人ととらえます。「衛益顆粒」は、不足している衛気を補う(補益)ことにより、虚弱体質を改善する漢方薬です。「衛気」(えき)ってなあに?「衛気」とは、弱った皮膚や粘膜細胞を強化し活性化させ、外的刺激から体を衛(まも)ること、いわば粘膜を含む体表にバリアをめぐらせることです。体を害する外的要因は、ウイルス、細菌、花粉、チリ、有害な化学物質、高低温、多湿、乾燥などさまざまです。これらの外的刺激から体を守るには、皮膚や粘膜のバリア機能を強化して、体内に入り込ませないようにする予防が大事です。こんな時には、バリア構築(皮膚、粘膜の強化)、免疫調整を

  • 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

    冠元顆粒(かんげんかりゅう)

    血液はからだのすみずみにまで酸素や栄養分を運び、人間の生命活動を支えています。毎日を健康に過ごすためには、血の流れがいきいきしていることが大切です。ところが中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸といった症状があらわれます。中医学では、このような状態の人を「お血症」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。冠元顆粒は主薬の丹参と、センキュウ、シャクヤク、コウカ、モッコウ、コウブシの6種類の生薬から作られており、血のめぐりをようして上記の症状を改善します。