華陀膏(かだこう)

華陀膏(かだこう)

20g 1,100円(税込)

Feature特徴

華陀膏(かだこう)

「華陀膏」は安息香酸・サリチル酸などを配合した軟膏剤で、水虫・いんきんたむしの改善を目的としております。じゅくじゅく水虫でも、カサカサ水虫でも、どちらにも使え、ヒフを保護します。

水虫・タムシってどんなもの?

水虫・タムシってどんなもの?

水虫・タムシは、カビの一種である「白癬菌」が原因。カビから分かるように、温かく、湿り気のある場所を好み、皮膚表面の角質層に寄生して、皮膚に病変を起こします。足、手、爪、身体、陰部など、かかる場所によって分類されます。また、水虫は男性の病気と思われていましたが、最近では、革靴、ブーツ、パンストの普及によって女性にも多く見られるようになりました。

POINT 1 乾燥患部はいつも清潔にし乾燥させましょう

患部を清潔にし石鹸(薬用か弱酸性の石鹸がお薦め)で丁寧に洗う。洗ったあとは、しっかり拭き取って完全に乾かす。半渇きのままですと、菌は繁殖してしまいます。

患部はいつも清潔にし乾燥させましょう

POINT 2 部屋の掃除まめに掃除機をかけましょう

白癬菌は角質のケラチンを栄養源とするため、ケラチンを多く含む皮膚、爪、毛という好物があれば生きていけます。常にお部屋の掃除を怠らないようにしましょう。

部屋の掃除 まめに掃除機をかけましょう

POINT 3 マット、スリッパは 感染源は日光で十分乾燥させましょう

お風呂場やトイレのマット、スリッパから感染することが多いので、頻繁に洗って、日光で十分に乾燥させましょう。また、スリッパは「他人と共用したり、裸足で履いたり」しないこと!

マット、スリッパは 感染源は日光で十分乾燥させましょう

POINT 4 根気づよく 治ったと思ってもしばらく治療を続けましょう

症状がおさまると治ったと思って治療を止めてしまう人が多くおられます。しかし、白癬菌は皮膚の奥へ逃げ込んだだけですので、治ったと思ってもしばらくの間は根気よく治療することが大切です。

根気づよく 治ったと思ってもしばらく治療を続けましょう

Specスペック

  • 効能・効果

    みずむし、いんきんたむし

  • 用法・用量

    1日2回、幹部を温水で洗浄後、すり込む様に塗布して下さい
    塗布後少量の脱脂綿を軽く置いて下さい

  • 成分・分量

    サリチル酸 5%
    基剤 白色ワセリン 80%
    香料 蝋梅油 1%
    カンフル 2%
    安息香酸 10%
    基剤 白蝋 2%

関連商品

  • 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    ジメジメ、だめだめ、カラッと爽快胃腸機能失調、水分代謝失調および、蒸し暑さや湿気による諸症状に飲食や暑さや湿気による全身倦怠・胃腸機能失調または食欲不振・下痢などの、胃腸症状を伴う風邪に効果的です。13種類の生薬からなるエキス顆粒剤です。■『湿濁』という言葉をご存知ですか?身体には適度な潤いが必要です。しかし、これがうまく代謝されず停滞すると汚く濁った湿気『湿濁』となり、体調を崩す原因となります。梅雨時や夏の蒸し暑い季節は、外気の湿度が非常に高く、汗がサッパリと出ないため、余分な水分や湿気が体内に停滞して湿濁となります。体内に湿濁があると、身体がむくんで重だるい・食欲不振・下痢など夏カゼと同じような症状が現れます。勝湿顆粒で湿に打ち勝つ!体内に湿濁がたまると、胃腸の働きが悪くなり、栄養分が吸収できず、全身の新陳代謝が低下してしまいます。このような状態の時には、栄養剤を飲んでも吸収がうまくできずに症状は改善しません。まずは体内から湿濁を追い出し新陳代謝を活発にすることが重要です。勝湿顆粒で湿に打ち勝ち、身体をスッキリさせましょう。湿濁の原因はこれだけではありません。冷たいもの(なま物・ジュース・ビールなど)のとり過ぎや、慣れない旅先で慣れないものを食べたり、慣れない水を飲んだりして胃腸の働きが弱くなっても、水分代謝が悪くなり、湿濁ができます。中国ではこのような湿濁による症状に対応するために、救急箱の中や旅行のカバンにいつも勝湿顆粒を常備しています。

  • 香菊花(しゃんきくか)

    香菊花(しゃんきくか)

    目、シャンと!自然のちからは心まで潤してくれます。日本でも秋の花としてなじみの深い菊ですが、中国では健康茶として菊花を乾燥させた「菊花茶」を飲む習慣があり、「香菊花」はお茶用の菊として有名な杭白菊を原料に、菊花のエキスに菊花の微粉末を加えた粉末タイプ。菊の爽やかな香りが楽しめます。一杯分ずつ分包されていますので、お湯に溶かすだけでいつでも気軽に楽しむことができます。『菊の花が咲き乱れる川の下流には、目のパッチリした美人が多い』中国には昔から、そんな言い伝えがあります。清代の西太后も、新鮮な菊花の花びらを煮詰め、蜂蜜を混ぜた「菊花延齢膏」を愛用し、自分の若さと美貌を保っていたなどの記述があります。「延齢」の名のとおり、不老長寿の妙薬とも考えられていました。暑い夏場に、上海のレストランなどでは、乾燥した菊の花びらを浮かべた「菊花茶」が出され、夏の風物詩となっています。