開気丸(かいきがん)

開気丸(かいきがん)

120丸 2,090円(税込)
480丸 6,380円(税込)

Feature特徴

「開気丸」は、シャクヤクや川楝子など、12種類の植物性生薬から抽出したエキスに同種類の生薬末を加え丸剤としたものです。胃腸疾患に伴う様々な症状の改善を目的としております。

ストレスでお腹に来る人

ストレスは、肝臓に悪いだけではなく胃腸にも大きく影響します。
よくイライラすると胃が痛いという人がいますが、このような人は胃薬だけでなくストレスを取り除くような治療が必要です。
あまりストレスをため過ぎると、食べたものがエネルギーにならず全身の倦怠感や、めまいを伴う場合もあります。

Specスペック

  • 効能・効果

    胃腸疾患に伴う次の諸症状:吐き気(むかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、胸つかえ、腹部膨満感、腹痛、胃痛、食欲不振、
    消化不良、下痢
    腹部膨満感を伴い繰り返しまたは交互に現れる下痢及び便秘

  • 用法・用量

    次の量を、1日2回、食前又は空腹時に服用して下さい。

    • 成人15歳以上 1回5丸、1日3回

    (15歳未満の方は服用しないで下さい)

  • 成分・分量

    本品1日量24丸(4.68g)中

    【開気丸乾燥エキス1.77g:下記成分及び分量の生薬より製した水製エキスです】

    シャクヤク 1.80g
    シュクシャ  1.00g
    コウボク  1.50g
    ウコン  0.20g
    モッコウ   1.00g
    チンピ     1.20g
    ビャクズク 1.50g
    キジツ  0.20g
    エンゴサク 1.00g
    ブクリョウ  0.20g
    ジンコウ  0.30g
    センレンシ  0.10g

    【生薬末】

    シャクヤク末 0.27g
    シュクシャ末 0.15g
    コウボク末  0.225g
    ウコン末  0.03g
    モッコウ末  0.15g
    チンピ末    0.18g
    ビャクズク末  0.225g
    キジツ末  0.03g
    エンゴサク末 0.15g
    ブクリョウ末  0.03g
    ジンコウ末  0.045g
    センレンシ末 0.015g

    ※添加物としてバレイショデンプン、寒梅粉、カルメロース、カルシウム、タルク、アラビアゴム末、薬用炭を含有します。

関連商品

  • 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

    冠元顆粒(かんげんかりゅう)

    血液はからだのすみずみにまで酸素や栄養分を運び、人間の生命活動を支えています。毎日を健康に過ごすためには、血の流れがいきいきしていることが大切です。ところが中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸といった症状があらわれます。中医学では、このような状態の人を「お血症」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。冠元顆粒は主薬の丹参と、センキュウ、シャクヤク、コウカ、モッコウ、コウブシの6種類の生薬から作られており、血のめぐりをようして上記の症状を改善します。

  • 温胆湯エキス顆粒(うんたんとうえきすかりゅう)

    温胆湯エキス顆粒(うんたんとうえきすかりゅう)

    胃腸の働きが弱く、水分代謝が悪い方のストレス症状にどうぞ。温胆湯は鎮静・安眠作用のある黄連、半夏、酸棗仁、水湿や気の停滞を改善する竹茹、陳皮、茯苓など9種の生薬が配合され、体内の巡りをよくして、湿邪が原因となる胃腸症状から精神症状の改善まで幅広く使用される処方です。胆を温める(強める)ことによって、胆力をつけ、中国では古来より不眠症やめまい、不安神経症、胃腸障害などに用いられています。星火温胆湯エキス顆粒はこんな症状の方におすすめします。不眠症・・・・・寝つきが悪い、いやな夢をよくみる、昼間眠い方神経症・・・・・いらいらしやすい。憂鬱感。胸悶感。不安感。恐怖感がある方

  • 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    ジメジメ、だめだめ、カラッと爽快胃腸機能失調、水分代謝失調および、蒸し暑さや湿気による諸症状に飲食や暑さや湿気による全身倦怠・胃腸機能失調または食欲不振・下痢などの、胃腸症状を伴う風邪に効果的です。13種類の生薬からなるエキス顆粒剤です。■『湿濁』という言葉をご存知ですか?身体には適度な潤いが必要です。しかし、これがうまく代謝されず停滞すると汚く濁った湿気『湿濁』となり、体調を崩す原因となります。梅雨時や夏の蒸し暑い季節は、外気の湿度が非常に高く、汗がサッパリと出ないため、余分な水分や湿気が体内に停滞して湿濁となります。体内に湿濁があると、身体がむくんで重だるい・食欲不振・下痢など夏カゼと同じような症状が現れます。勝湿顆粒で湿に打ち勝つ!体内に湿濁がたまると、胃腸の働きが悪くなり、栄養分が吸収できず、全身の新陳代謝が低下してしまいます。このような状態の時には、栄養剤を飲んでも吸収がうまくできずに症状は改善しません。まずは体内から湿濁を追い出し新陳代謝を活発にすることが重要です。勝湿顆粒で湿に打ち勝ち、身体をスッキリさせましょう。湿濁の原因はこれだけではありません。冷たいもの(なま物・ジュース・ビールなど)のとり過ぎや、慣れない旅先で慣れないものを食べたり、慣れない水を飲んだりして胃腸の働きが弱くなっても、水分代謝が悪くなり、湿濁ができます。中国ではこのような湿濁による症状に対応するために、救急箱の中や旅行のカバンにいつも勝湿顆粒を常備しています。