冠元顆粒(かんげんかりゅう)

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

45包 6,700円+税
90包 12,620円+税

Feature特徴

血液はからだのすみずみにまで酸素や栄養分を運び、人間の生命活動を支えています。毎日を健康に過ごすためには、血の流れがいきいきしていることが大切です。ところが中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸といった症状があらわれます。中医学では、このような状態の人を「お血症」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。
冠元顆粒は主薬の丹参と、センキュウ、シャクヤク、コウカ、モッコウ、コウブシの6種類の生薬から作られており、血のめぐりをようして上記の症状を改善します。

Specスペック

  • 効能・効果

    中年以降、または高血圧傾向のあるものの次の諸症「頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸」

  • 用法・用量

    成人15歳以上1日3回、1回1包を食間または空腹時に服用する

  • 成分・分量

    本品1日量3包(9g)中、下記成分・分量の生薬を用いて製した冠元顆粒エキス4.5gを含有します

    センキュウ 2,250g
    モッコウ 1,125g
    シャクヤク 2,250g
    コウブシ 1,125g
    コウカ 2,250g
    丹参 4,500g

関連商品

  • 心沙棘(しんさーじ)

    心沙棘(しんさーじ)

    自然の力がもたらす、若々しい毎日沙棘(サージ)は貧しい土壌や厳しい環境の中でも育つ強い植物。ビタミン類を豊富に含む沙棘の実は、古くから民間の健康食品として愛用されてきました。「心沙棘」は、中国西部の標高2,000~3,000mの高地を流れる清流沿いに群生する樹齢5年以上の野生の沙棘の木から採れる実で作られています。ひと粒の「心沙棘」には3000粒以上の沙棘の実のエッセンスが詰まっています。中国の大地で育まれた「生命の実」の力をお試し下さい。■こんな方におすすめします!肌のハリや衰えが気になる方タバコやアルコールを多く摂る方ストレスが多い方生活習慣病が心配な方激しい運動をする方集中力や記憶力の低下を感じている方・野菜嫌いの方

  • 開気丸(かいきがん)

    開気丸(かいきがん)

    「開気丸」は、シャクヤクや川楝子など、12種類の植物性生薬から抽出したエキスに同種類の生薬末を加え丸剤としたものです。胃腸疾患に伴う様々な症状の改善を目的としております。ストレスは、肝臓に悪いだけではなく胃腸にも大きく影響します。よくイライラすると胃が痛いという人がいますが、このような人は胃薬だけでなくストレスを取り除くような治療が必要です。あまりストレスをため過ぎると、食べたものがエネルギーにならず全身の倦怠感や、めまいを伴う場合もあります。

  • 双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

    双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

    胃腸の働きを改善して、身体の栄養状態をよくし体力の回復を図ります。鹿茸、冬虫夏草、蛤・など動物性の強壮剤が配合されています。脾は肺の親、腎は肺の子虚弱体質や病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性などの症状は中医学(中国漢方)でいう肺腎両虚証あるいは脾腎両虚証によくみられます。『虚』は不足とか虚弱をあらわしますから、ここでは肺、脾、腎の働きが低下していることを示しています。中医学でいう肺は呼吸器系、脾は消化器系、腎はホルモン系・免疫系などをさし、『脾は肺の親、腎は肺の子』といわれるように、それぞれが影響しあってからだを支えています。つまり、肺を強化するためには脾の強化が必要で、さらに腎を調整することによって、根本から症状の改善ができるのです。双料参茸丸は、肺、脾、腎を同時に補います双料参茸丸は、配合された生薬が互いに助け合って、肺、脾、腎を同時に補うことができる漢方薬です。人参、鹿茸や、中国陸上選手のドリンク剤として注目を浴びた冬虫夏草など、動物生薬を多く用いて、効果を高めています。具体的には精神神経の働きを活発にしたり、内臓の機能を高めたり、また増血、体力増強などですが、味がよく胃腸への負担が少ないので安心して服用できます。

  • 清営顆粒(せいえいかりゅう)

    清営顆粒(せいえいかりゅう)

    『赤い顔』気になりませんか?血熱を冷まして赤みをとりましょう!!!「涼血清営顆粒」はジオウ、シャクヤク、オウゴン、ダイオウ、ボタンピ及びサンシシなど6種類の植物性生薬より抽出したエキスを顆粒にしたものです。便秘又は便秘に伴う、頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔などの症状の緩和を目的としております。『血熱』ってなーに?中医学には『血熱』という独特の考え方があります。『血熱』とは血の病的状態の一つであり、ほてりや発熱などの熱を思わせる症状のほかに、赤みのある発疹、紫斑・出血などの『血』の症状が見られます。『血熱』になる原因は主に「食生活の乱れ」「ストレス」「生活習慣の乱れ」「ウイルスやバイ菌などの侵入」です。これらの原因が組み合わさることによって『血熱』につながるのです。具体的には赤みのあるにきびや、吹出物、ほてり、便秘などの症状です。

  • 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    ジメジメ、だめだめ、カラッと爽快胃腸機能失調、水分代謝失調および、蒸し暑さや湿気による諸症状に飲食や暑さや湿気による全身倦怠・胃腸機能失調または食欲不振・下痢などの、胃腸症状を伴う風邪に効果的です。13種類の生薬からなるエキス顆粒剤です。■『湿濁』という言葉をご存知ですか?身体には適度な潤いが必要です。しかし、これがうまく代謝されず停滞すると汚く濁った湿気『湿濁』となり、体調を崩す原因となります。梅雨時や夏の蒸し暑い季節は、外気の湿度が非常に高く、汗がサッパリと出ないため、余分な水分や湿気が体内に停滞して湿濁となります。体内に湿濁があると、身体がむくんで重だるい・食欲不振・下痢など夏カゼと同じような症状が現れます。勝湿顆粒で湿に打ち勝つ!体内に湿濁がたまると、胃腸の働きが悪くなり、栄養分が吸収できず、全身の新陳代謝が低下してしまいます。このような状態の時には、栄養剤を飲んでも吸収がうまくできずに症状は改善しません。まずは体内から湿濁を追い出し新陳代謝を活発にすることが重要です。勝湿顆粒で湿に打ち勝ち、身体をスッキリさせましょう。湿濁の原因はこれだけではありません。冷たいもの(なま物・ジュース・ビールなど)のとり過ぎや、慣れない旅先で慣れないものを食べたり、慣れない水を飲んだりして胃腸の働きが弱くなっても、水分代謝が悪くなり、湿濁ができます。中国ではこのような湿濁による症状に対応するために、救急箱の中や旅行のカバンにいつも勝湿顆粒を常備しています。

  • 独歩顆粒(どっぽかりゅう)

    独歩顆粒(どっぽかりゅう)

    腰、関節の頑固な痛みに植物生薬のやさしさ血行を促進し、水分の代謝を改善して、急性・慢性の腰や膝などの関節の痛みをやわらげます。杜仲や桑寄生など16種類の植物生薬が痛みにおだやかに作用します。それぞれの原因に作用する生薬痛みやしびれを引き起こす内的・外的原因、またその2つが絡み合った原因に対して、それぞれの症状を改善する生薬が必要です。独歩丸には、これらの作用をもつ植物生薬が配合されています。

  • 逍遥丸(しょうようがん)・逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

    逍遥丸(しょうようがん)・逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

    「肝(かん)」を伸びやかにして『ストレス』に打ち勝ちましょう気滞(きたい)は万病のもとストレスを受けると、体の気(エネルギー)の巡りが悪くなり、様々な症状が現れます。このような状態を気滞(きたい)と言います。逍遥丸・逍遥顆粒の『逍遥』とは・・・元々は「気ままに散歩する」という意味があり、今で言えば「リラックスする」ということです。現代はストレス社会と言われるように、会社や学校でも気を使い、大人はもとより子供にもストレス性疾患が多く見られるようです。

  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

    婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

    女性は、女性特有の体質、機能から、どうしても貧血、冷え性、生理痛、生理不順、肩こり、のぼせ、めまい、更年期障害などの諸症状がおこりがちです。婦宝当帰膠の主成分である当帰は、中国においては、むかしから「女性の宝」といわれ、血の巡りをよくし、体を温め、体力をつけるなど、もっぱら女性の薬として使われてきました。婦宝当帰膠は、成分の約70%をしめる当帰を主薬とした9種の生薬で構成された生薬製剤です。これらは、女性の諸症状の改善に効果があります。