逍遥丸(しょうようがん)・逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

逍遥丸(しょうようがん)・逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

252丸入り 1,760円(税込)
504丸入り 3,300円(税込)
90包入り 9,900円(税込)

Feature特徴

逍遥丸(しょうようがん)

逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

「肝(かん)」を伸びやかにして『ストレス』に打ち勝ちましょう

気滞(きたい)は万病のもと 

ストレスを受けると、体の気(エネルギー)の巡りが悪くなり、様々な症状が現れます。
このような状態を気滞(きたい)と言います。

気滞(きたい)は万病のもと

逍遥丸・逍遥顆粒の『逍遥』とは・・・

元々は「気ままに散歩する」という意味があり、今で言えば「リラックスする」ということです。現代はストレス社会と言われるように、会社や学校でも気を使い、大人はもとより子供にもストレス性疾患が多く見られるようです。

逍遥丸・逍遥顆粒の『逍遥』とは

Specスペック

  • 効能・効果

    冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

  • 用法・用量

    丸剤: 成人(15歳以上)1日に3回、1回12丸を食間又は空腹時に服用して下さい

    顆粒剤: 成人(15細以上)1日に3回、1回1包を食間又は空腹時に服用して下さい

  • 成分・分量

    丸剤: 1日量36丸(9.72g)中、下記成分及び分量の生薬より製した逍遥丸軟エキス4.3gを含有します。

    顆粒剤: 1日量3包(7.5g)中、下記成分及び分量の生薬より製した逍遥エキス9.6gを含有します。

    シャクヤク 3.0g
    ビャクジュツ 3.0g
    カンゾウ 1.5g
    ブクリョウ 3.0g
    トウキ 3.0g
    ショウキョウ 1.0g
    サイコ 3.0g
    ハッカ 1.0g

関連商品

  • 瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)

    瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)

    疲れやすく、ほてりを伴う倦怠感、足腰無力感に瀉火補腎丸の『瀉火』は熱症状をとること、『補腎』は腎の働きを補うという意味があります。腎虚の代表処方六味地黄丸に知母と黄柏を加えて『瀉火』の効能を強めた配合です。中国漢方でいう『腎』について多くの臨床体験をベースに現在も進歩発展を続けているのが中国漢方です。中国漢方でいう腎は、たんに内臓のひとつをさすのではなく、泌尿生殖器系、ホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系、免疫などを含んでいます。つまり腎は人間のからだを支え、内臓の働きをコントロールする重要な役目を担っているのです。『腎虚』とは中国漢方では何かが不足したために体調を崩すことを『虚証』、反対に何かが過剰になったための不調を『実証』といって区別しています。『腎虚』とは腎の力が不足した状態をいい、人間の生命力や免疫力、自然治癒力を低下させ、倦怠感、足腰の無力感、腰痛、頻尿など、さまざまな症状としてあらわれることになります。熱症状をおさえ腎の働きを捕う『瀉火補腎丸』『腎虚』は図のようなタイプに分けられ、中でも手足のほてり、のぼせ、顔面紅潮、口渇をともなった倦怠感や疲労感のあるものを『腎陰虚』といいます。その腎陰虚の薬として中国で大切に守られてきた処方が『瀉火補腎丸』。知母、黄柏、ジオウ、ブクリョウ、ボタンピ、タクシャ、サンシュユ、サンヤクの天然生薬が配合され、熱症状をおさえ腎の働きを補います。

  • 温胆湯エキス顆粒(うんたんとうえきすかりゅう)

    温胆湯エキス顆粒(うんたんとうえきすかりゅう)

    胃腸の働きが弱く、水分代謝が悪い方のストレス症状にどうぞ。温胆湯は鎮静・安眠作用のある黄連、半夏、酸棗仁、水湿や気の停滞を改善する竹茹、陳皮、茯苓など9種の生薬が配合され、体内の巡りをよくして、湿邪が原因となる胃腸症状から精神症状の改善まで幅広く使用される処方です。胆を温める(強める)ことによって、胆力をつけ、中国では古来より不眠症やめまい、不安神経症、胃腸障害などに用いられています。星火温胆湯エキス顆粒はこんな症状の方におすすめします。不眠症・・・・・寝つきが悪い、いやな夢をよくみる、昼間眠い方神経症・・・・・いらいらしやすい。憂鬱感。胸悶感。不安感。恐怖感がある方

  • 勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

    ジメジメ、だめだめ、カラッと爽快胃腸機能失調、水分代謝失調および、蒸し暑さや湿気による諸症状に飲食や暑さや湿気による全身倦怠・胃腸機能失調または食欲不振・下痢などの、胃腸症状を伴う風邪に効果的です。13種類の生薬からなるエキス顆粒剤です。■『湿濁』という言葉をご存知ですか?身体には適度な潤いが必要です。しかし、これがうまく代謝されず停滞すると汚く濁った湿気『湿濁』となり、体調を崩す原因となります。梅雨時や夏の蒸し暑い季節は、外気の湿度が非常に高く、汗がサッパリと出ないため、余分な水分や湿気が体内に停滞して湿濁となります。体内に湿濁があると、身体がむくんで重だるい・食欲不振・下痢など夏カゼと同じような症状が現れます。勝湿顆粒で湿に打ち勝つ!体内に湿濁がたまると、胃腸の働きが悪くなり、栄養分が吸収できず、全身の新陳代謝が低下してしまいます。このような状態の時には、栄養剤を飲んでも吸収がうまくできずに症状は改善しません。まずは体内から湿濁を追い出し新陳代謝を活発にすることが重要です。勝湿顆粒で湿に打ち勝ち、身体をスッキリさせましょう。湿濁の原因はこれだけではありません。冷たいもの(なま物・ジュース・ビールなど)のとり過ぎや、慣れない旅先で慣れないものを食べたり、慣れない水を飲んだりして胃腸の働きが弱くなっても、水分代謝が悪くなり、湿濁ができます。中国ではこのような湿濁による症状に対応するために、救急箱の中や旅行のカバンにいつも勝湿顆粒を常備しています。