双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

6丸 9,900円(税込)

Feature特徴

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

胃腸の働きを改善して、身体の栄養状態をよくし体力の回復を図ります。鹿茸、冬虫夏草、蛤・など動物性の強壮剤が配合されています。

脾は肺の親、腎は肺の子

虚弱体質や病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性などの症状は中医学(中国漢方)でいう肺腎両虚証あるいは脾腎両虚証によくみられます。『虚』は不足とか虚弱をあらわしますから、ここでは肺、脾、腎の働きが低下していることを示しています。
中医学でいう肺は呼吸器系、脾は消化器系、腎はホルモン系・免疫系などをさし、『脾は肺の親、腎は肺の子』といわれるように、それぞれが影響しあってからだを支えています。つまり、肺を強化するためには脾の強化が必要で、さらに腎を調整することによって、根本から症状の改善ができるのです。

双料参茸丸は、肺、脾、腎を同時に補います

双料参茸丸は、配合された生薬が互いに助け合って、肺、脾、腎を同時に補うことができる漢方薬です。人参、鹿茸や、中国陸上選手のドリンク剤として注目を浴びた冬虫夏草など、動物生薬を多く用いて、効果を高めています。
具体的には精神神経の働きを活発にしたり、内臓の機能を高めたり、また増血、体力増強などですが、味がよく胃腸への負担が少ないので安心して服用できます。

Specスペック

  • 効能・効果

    次の場合の滋養強壮:
    虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸衰弱、食欲不振、血色不良、冷え性

  • 用法・用量

    大人1日2回、朝晩に1回1丸を服用する。
    服用の際、蝋を割り、丸剤を包んでいるセロファンをはがして、そのまま服用して下さい

  • 成分・分量

    (1丸中)

    オウギ 562.50mg
    ロクジョウ 562.50mg
    カンゾウ 56.25mg
    トウジン 562.50mg
    サンヤク 112.50mg
    クコシ 337.50mg
    ジオウ 281.25mg
    ハゲキテン 281.25mg
    トウキ 468.75mg
    トウチュウカソウ 168.75mg
    ニンジン 562.50mg
    ゴウカイ 168.75mg
    ビャクジュツ 112.50mg
    ブクリョウ 562.50mg

関連商品

  • 冠元顆粒(かんげんかりゅう)

    冠元顆粒(かんげんかりゅう)

    血液はからだのすみずみにまで酸素や栄養分を運び、人間の生命活動を支えています。毎日を健康に過ごすためには、血の流れがいきいきしていることが大切です。ところが中年以降の方、高血圧傾向の方の多くには、血液の循環が悪くなり、頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸といった症状があらわれます。中医学では、このような状態の人を「お血症」といい、血行を改善するために用いられるのが「活血化お」という方法です。冠元顆粒は主薬の丹参と、センキュウ、シャクヤク、コウカ、モッコウ、コウブシの6種類の生薬から作られており、血のめぐりをようして上記の症状を改善します。

  • 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

    麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

    中国には、病中病後の体力低下やショック状態の改善に使用され、大変ポピュラーな「生脈散(しょうみゃくさん)」と呼ばれる処方があります。本品は、この処方をもとに製剤化した医薬品で、麦門冬(ばくもんどう)、五味子(ごみし)、人参(にんじん)の三つの植物生薬からつくられたエキス顆粒です。スポーツや仕事のあとの肉体疲労や倦怠感があるときなど、喉の渇きを潤し、体の疲れをいやします。また疲労時の食欲不振、虚弱体質、病中病後の低下した身体機能の回復・改善、お子様の発育期にも効果的です。■三つの生薬のトリプルパワー人参は体に元気を、麦門冬と五味子は体を潤し、引き締める働きがあります。麦味参顆粒はこれら、たった三つの生薬に絞り込むことにより、失われた体の「水分」と「気」を補給するという効果をいかした、数ある滋養強壮剤の中でも大変特色のある薬です。体に張り(元気)と潤い(滋養)を与えて、細胞から体をいきいきさせましょう。

  • 瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)

    瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)

    疲れやすく、ほてりを伴う倦怠感、足腰無力感に瀉火補腎丸の『瀉火』は熱症状をとること、『補腎』は腎の働きを補うという意味があります。腎虚の代表処方六味地黄丸に知母と黄柏を加えて『瀉火』の効能を強めた配合です。中国漢方でいう『腎』について多くの臨床体験をベースに現在も進歩発展を続けているのが中国漢方です。中国漢方でいう腎は、たんに内臓のひとつをさすのではなく、泌尿生殖器系、ホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系、免疫などを含んでいます。つまり腎は人間のからだを支え、内臓の働きをコントロールする重要な役目を担っているのです。『腎虚』とは中国漢方では何かが不足したために体調を崩すことを『虚証』、反対に何かが過剰になったための不調を『実証』といって区別しています。『腎虚』とは腎の力が不足した状態をいい、人間の生命力や免疫力、自然治癒力を低下させ、倦怠感、足腰の無力感、腰痛、頻尿など、さまざまな症状としてあらわれることになります。熱症状をおさえ腎の働きを捕う『瀉火補腎丸』『腎虚』は図のようなタイプに分けられ、中でも手足のほてり、のぼせ、顔面紅潮、口渇をともなった倦怠感や疲労感のあるものを『腎陰虚』といいます。その腎陰虚の薬として中国で大切に守られてきた処方が『瀉火補腎丸』。知母、黄柏、ジオウ、ブクリョウ、ボタンピ、タクシャ、サンシュユ、サンヤクの天然生薬が配合され、熱症状をおさえ腎の働きを補います。

  • 星火霊芝宝(せいかれいしほう)

    星火霊芝宝(せいかれいしほう)

    霊芝のエッセンスと言われる霊芝胞子に霊芝子実体と冬虫夏草菌糸体を合わせた健康食品です。夫々の素材を微粉末にしています。霊芝の名産地として知られる中国安徽省大別山で育まれた「赤芝」(せきし)を使用しています。赤芝は数ある霊芝の種類の中でも最も品質が高いとされています。